「人工透析」を受けている「現状」です。

慢性腎不全で人工透析を受けています。
今年で5年目となります。

注射(穿刺:せんし)の方法は、
「ボタンホール穿刺」という方法です。
エムラクリームという麻酔薬を塗って通院しています。

4時間透析、血流量が220、ドライウェイトが47キロです。
右腕にシャントがあります。

透析時には「除水」をしません。
血液透析のみです。

ドライウェイトを下回る体重で通院するので、
除水が必要ないんです。
*僕は尿が出てくれます。

処方されている薬は4つだけです。

・下痢止めの漢方薬
・エムラクリーム(皮膚麻酔薬)
・エムラクリーム用シール
・ハルシオン(睡眠導入剤)


先月の血液検査の結果をUPしておきます。
また、血液検査の前に、
「どのような食べ物を食べたのか?」
毎日、体重管理をしていますので、
そちらもUPして起きます。

そういった食事をしていて、
血液検査がどのような結果になったのか?
データを見ながら献立を考えています。

血液検査の前の、体重管理表です。

7月20日(土)
7月21日(日)
7月22日(月)
7月23日(火)血液検査の日です。

7月20日(土)

1hrezs.jpg


7月21日(日)

2hr.jpg


7月22日(月)

3hrts.jpg


7月23日(火)血液検査の日です。

4yhes.jpg


7月23日(火)の血液検査の結果です。

無題-スキャンされた画像-03.jpg


先月、7月9日(火)の血液検査の結果もUPして起きます。
こちらは、検査結果のみを。

透析前

無題-スキャンされた画像-01.jpg


透析後


無題-スキャンされた画像-02.jpg


そして、こちらは透析手帳です。
手帳に数値を記入するのは、
病院の受付の方とスタッフさんが記入します。

無題-スキャンされた画像-023.jpg


通院にも慣れて来ました。
今のところ、問題という問題はありません。
心身共に、余裕が持て始めています。

僕は、医療行為については、
全てスタッフさんにお任せしています。

その代り、私生活などについては、
僕の主観で色んな事にチャレンジしています。

3年前には、人工透析に通いながら、
「5日間の断食」をやった事もあります。
*自己責任でやりました。
血液検査日の、5日前から断食をし、
血液検査のデータを取りました。
至って普通でした。
食べなくても、それ程血液検査の結果に、
影響もなくて、普段とそんなに変わりはありませんでした。

そして、除水をしません。

僕が除水をしない理由は、
「腎機能を衰退させたくない」からです。


人工透析を始めた時、
色んな方から言われました。
「透析をすると尿が出なくなる」と聞きました。

何故?尿が出なくなるかと言うと、
人工透析を受けている時に、
「除水」をしてしまうと、
「腎臓が尿を作らなくてもいいんだ?」と誤解するそうです。

そして、腎臓が尿を作らないようになって、
衰退して行き、やがて使い物にならなくなるそうです。

僕は通院を始めて、
「除水の量」についてのレクチャーは受けましたが、
除水をしないだとか、腎機能を温存させるだとか、
そういったレクチャーは受けていません。

いえ、誰も、そういった事を教えてくれる人がいませんでした。

何でしょう、
「人工透析」で「除水したらいいやん」って感じ。
「人工透析で毒素を抜く」から「何を食べてもいいで」と言われたほどです。


ただ、人工透析を受けてたらいいんだっていう治療。

リンの数値が高ければ、薬を処方される。

自分の努力なんて無用。
何かあれば、継ぎ足して行くような対応。

足し算的な考え方なです。

そういった、足し算的な考え方に、
僕は疑問を感じたんです。

このまま、普通に人工透析を受けていたら、
「俺の腎臓が使い物にならなくなる」
という危機感を感じたんです。

だから、除水をしないで良いように、体重管理を始めたんです。

しかし、
僕は両足を切断していますから、
家庭用の体重計が使えません。

で、考えたのが、
・飲食した物の重さを記録して、
・排泄物や不感蒸泄の重さを差し引けば、

現在の体重が出るだろうと考えたんです。

そして、3年以上、記録を付けています。

こうやって記録を付けていると、
いつ?何を?どれだけ食べたのか?
すぐに確認が出来ます。
カリウムやリンの量も計算出来ます。

血液検査の結果と、
食生活を比較して、献立を考えやすいです。

また、ミネラルウォーターなどを飲むときは、
計量カップについで飲んでいます。

IMG_5573.JPG


意識して水分を補給出来るんです。

僕の体重管理は、とても簡単です。
1日に食べたり、飲んだりした総重量を、
「1.2キロ」までに抑えておけば、
あくる日の朝9時ごろには、体重がリセットされます。

飲食物が、1.2キロまでですと、僕の内臓が機能してくれて、
食べ物を消化・吸収し、
排泄され、不感蒸泄などもあって、
体重がリセットされるんです。

1.2キロを超えた分の重さは、
内臓が処理しきれなくて体内に残ってしまいます。

残ってしまった場合は、
次の日に、
残った体重分の飲食物を減らすんです。
それで帳尻を合わすんです。
*強制的に自分で減量する時もあります。

僕の通院する病院から、
「除水をしないようにしましょう!」だとか、
そういう指示はありません。

僕の主観で、除水をしないようにしています。

食生活の事などは、
病院の指示を受けて実行するのではなくて、
患者が自分の体の事を考えて、
自分で栄養管理をするのが基本だと思うんです。

今の時代、インターネットで何でも解る時代です。
ちょっと検索すれば解る事です。

僕は、病院では、
栄養の事だとか食事の事は、あんまり聞きません。
自分の目で、インターネットで調べます。
人からまた聞きするよりも、
自分の目で確認した方が確かです。

患者側が努力する部分については、
かなり努力しているつもりです。

医療行為については、
あまりスタッフさん達に口出ししないように、
気を付けています。
素人に、講釈を垂れられたら、
スタッフさん達も仕事がやりにくいだろうから。

解っていても、知らない振りをする事も多々あります。

僕はO型で、大雑把な性格です。
取扱説明書などがあっても読まない性格です。

マニュアル通りな事とか、
世間の常識だとか、そういうのが苦手です。

だから、
何でも、自分でやってみるんです。

自分の体質と、世間の常識とが同じかというと、
同じではない場合も多いですからね。

常識に振り回されるよりも、
自分の考えや、自分の意志を尊重しています。

「除水をしない」事も、
僕の意志でやっている事で、
病院からの指示でも何でもありません。

自分の体質や、病気の状態に合わせて、
食生活を組み立てて行くのが、僕の理想です。

世間の常識に、食生活を合わせるのではなくて、
自分の体に食生活を合わせるんです。


人は、個人差があって当然です。
食生活に違いがあって当然です。

マニュアル通りにしていて大丈夫ですか?
世間の常識に振り回されていて大丈夫ですか?

僕は、自分の体に合った食事を、
インターネットで調べて食べます。

血液検査の結果を見て、食事の量などを工夫します。