寝起きに、コップ1杯のレモン水を飲む?

この記事は、メインブログの転写になります。
こちらのブログにも記事を残しておきたいと思います。


才ノヽ∋―_φ(゚▽゚*)♪

今朝の奈良県は「まだ夜明け前で真っ暗」です。
天気予報では「晴れのち曇り」です。

朝、起きて、
1番にやる事があります。

「コップ1杯のミネラルウォーターを飲む」事です。

IMG_6569.JPG


IMG_6570.JPG


IMG_6572.JPG


IMG_6571.JPG


僕は、ミネラルウォーターを飲む時に、
ポッカレモン100を少し入れて飲みます。
レモン水にするんです。
爽やかな味になります。

そして、計量カップを使うのは、
持病があって「水分の摂り過ぎを意識」するためです。

IMG_6575.JPG


ネットでは、色んな健康効果が紹介されています。
ネット情報を鵜呑みにしてしまうのは危険ですが、
その情報を実践してみて、
「効果」があったなら?

それはそれで良いんじゃないかなと思います。
効果が無ければ辞めれば良いだけの話です。

たとえネット情報でも、
効果がある人もいれば、効果がない人もいます。
人には体質の違いも、生活環境の違いもあります。

十人十色です。

僕は、ネットの情報を鵜呑みにしてしまって、
自分が間違った情報を発信してしまって、
みなさんに誤解を与えた事もあったと思います。
申し訳なかったと反省しています。

なので、
ネット情報を、丸々鵜呑みにせず、
出所も調べて、自分で実践して、
自分の「体験談」として記事を書いてみたいです。

それが「正しいんだ!」と言う情報ではなくて、
僕は、ネットで知った情報を活用して、
このような効果がありましたという、
僕個人的な感想を書いて行きたいと思います。

先程の、
「コップ1杯のミネラルウォーターを飲む」
という僕の毎朝の習慣ですが、

やはりネット情報です。
ネット検索すると、
同じような情報ががくさんあります。

検索順位の上のほうから、チラホラ読んでみました。
だいたい、同じような事が書かれています。

その、信憑性は如何に?

その多くの情報の中で、
あるお医者さんの記事が掛れていました。

出典:『病に好かれる人 病に嫌われる人』
著者 小林 弘幸 1000円(税別) 講談社



こちらの本を出版されているお医者さんが、
毎日の習慣にされていることが、
「朝起きたらコップ1杯の水を飲むこと」
だそうです。

引用:講談社サイト ミモレ様 
「名医が教える「朝、1杯の水を飲む」だけで健康でいられる理由」

こういった習慣を続けておられる、
お医者さんの体験談などを参考にしてみるのも、
自分の健康習慣のヒントになるかも知れませんね。

あくまでも、
「参考」にするという事で、
僕が書いた記事が正しいと主張するものではありません。

こういった「情報」もありますという事です。

お医者さんが言う事だから、
「間違いない!」と過信するのは危険です。

十人十色です。
個人差もあります。
体質の違い、生活環境の違い、生活習慣の違い、
所得の違いなどで食材の品質の違いもあるでしょう。

貧しい家庭ですと、
いくら体に良いからと言っても、
「家計に見合った身体に良い食材」を集めるのは大変です。

自分で、やってみないと解らないでしょうね。
情報を知って、
その情報を調べて、
興味が抱いたて実践してみて、

自分に効果があるなら?
続けると良いかも知れませんね。

それと、
知った情報で、もし効果があるなら?

その上を行く情報を探してみるもの良いかもね。
より良い情報も、あるかも知れませんから。

例えばですが、
僕はプロテインを飲み始めました。
色んな目的があって飲んでいます。

プロテインが体に良い効果を与えてくれるという、
そんな情報を知りました。

そして飲んでいます。

ただ、飲むだけではなくて、
より「高品質で効果的な」プロテインを飲んだ方が良いでしょうし、
飲むなら、どんな時間帯に飲めば効果的なのか?
更に情報を調べると、もっと効果を実感すると思います。

僕は持病も持っているので、
同じような病気を持っておられる方の、
貴重な体験談を書かれているブログを拝見します。

物凄く知識のある方で、
とても参考になります。

ただ、情報を発信されているだけではなくて、
ご自身の体験談を語っておられるので、
記事に「説得力」があります。

そんな事で、
僕は、毎朝の習慣で、
コップ1杯のミネラルウォーターを飲んで、
やはり効果を実感しています。

まず、飲んで、
1番に「体感」する事が、
「目が覚める」ことです。

コップ1杯のミネラルウォーターを飲むと、
飲んですぐに、目が覚めます。

起きた時は、
「後5分だけ・・・」と、
僕の場合、目が覚めていない状態です。

それが、
眠気を堪えてミネラルウォーターを飲みます。
すると、「シャキっ」と目が覚めます。

それと同時に、
ゲップなどが出て「内臓が動き出す」のです。

そして、「尿がキレイ」になってくれます。
尿がキレイというのは、
ミネラルウォーターを飲む事で、
尿の濁りが「薄まる」という感じです。

ミネラルウォーターを飲む習慣がない時は、
朝からの尿が「ドロドロ」していました。

しかし、
朝からミネラルウォーターを飲む習慣が始まると、
最初は、尿がドロドロしますが、
すぐにドロドロが薄まった尿に変わってくれます。

僕は、慢性腎不全という病気ですが、
まだ、尿が出てくれます。

飲食した量にもよりますが、
1日に、「1200グラム」以上の飲食をした場合、
1リットル近くの尿が出てくれます。

というか、
僕の腎臓では、
1日に作れる尿の量が、
大体1リットルくらいが限界かも?知れません。

その限界を超えてくれたら??
という、奇跡的な期待もあって、
良質なたんぱく質を摂って、
腎臓の細胞が蘇ってくれて?
腎臓が元気を取り戻してくれて?

というような、
期待もあってプロテインを飲んでいます。

腎臓は、
1度、傷んでしまうと治らないと言われています。
誰が言い出したのか?
どんな根拠で治らないのか?
まだ、調べていないので解りません。

また、腎機能が回復した!
という情報も聞いたこともなければ、
調べたことも有りません。

僕は、若い頃、オートバイの整備をしていました。
壊れたオートバイを治すのが楽しかったです。
完璧に直した時の快感みたいなのもあって。

また、
そんなの直らないよ!と言われるほど、
やる気になったりします。
そこはO型だからかも?
解りませんが。( ´艸`)

どういう根拠があって、
腎臓が治らないのか?知らないし、
腎臓を治そうと努力して、
「損はない」かなって思っています。

「腎臓を治そう!」と思うことは、
体に悪いことでしょうか?

傷んだ腎臓は、2度と戻らない、
そんな腎臓を治そうとする行為が、
「バカげている」というのが世間の常識だとしても、

「腎臓を治そう!」という行為は、
体に良い事だと思うんです。

僕は、腎臓を治したいし、
体を鍛えて筋肉も付けたいので、
プロテインを飲み始めました。

さすがに、筋肉が付き始めました。

腎機能は?
まだ、体感はありません。

しかし、
腎機能には体感はありませんが、
筋肉は付いています。

腎機能は回復しなくても、
腎臓を治そう!という事で、
副産物的に、良質なタンパク質のお陰で、
細胞が元気になります。

今までの僕の食生活では、
完璧に1日に必要だと言われている「タンパク質量」が不足していました。
その、不足していたタンパク質量が満たされました。

弱った腎臓を治すためにも、
プロテインを飲み続けようと思います。

それで、もし?
「腎機能が回復すれば?」
ラッキーだなってくらいに思っています。

ただ、普通にプロテインを飲んでいても、
体には効果がありますからね。

それと同じように、
朝、起きて、
コップ1杯のミネラルウォーターを飲むことも、
続けて行きたいと思っています。